ページ内を移動するリンクです

創成館高等学校 生徒の将来を真剣に考える学校です。

長崎県諫早市貝津町621番地 TEL:(0957)25-1225 FAX:(0957)25-1228 Mail:info@sohseikan.ac.jp

  • テキストサイズ
  • 標準
  • 大きく
創成館高等学校サイト内検索フォーム

学校案内

ここからメインコンテンツです

校長メッセージ MESSAGE FOR YOU

創成館高等学校は生徒の将来を真剣に考える学校です。

自分の「夢」持っていますか?なりたいもの、やってみたいこと、大きな夢や小さい夢。
創成館では、生徒一人ひとりが両手いっぱいのいろんな夢を持って欲しいと考えます。
そして、夢のひとつひとつに真剣に取り組むことが充実したスクールライフを送る原動力になります!
さあ、創成館でみんなとともに、夢をひとつずつ叶えていきましょう!


校内の様子1 校内の様子2 校内の様子3

校名「創成館」の由来


創業か守成か
太宗が重臣たちに「帝王の事業の中で、創業か守成はいずれが困難であるか」と問うた。宰相(房玄齢)は「創業を成し遂げるには、まず群雄と戦い勝たねばなりません。したがって創業が困難であります」と答えた。
これに対し、側近のひとりである文官(魏徴)は、「天下を手中におさえてしまえば、気持ちがゆるんで欲望を抑えきれなくなります。このため国が衰退するので、守成こそが困難であります」と答えた。
太宗は「そちたちの一人は創業において苦難を乗り切って、天下を平定することに貢献し、一人は今後の経営において守成の大切さを心配している。建国においては創業の苦しみがあり、終われば守成の困難がある。ともに心して、今後の国の困難を乗り越えてほしい」と論じたということである。

この故事にちなみ、本校においては、新たな校風樹立のための刻苦、すなわち創業に耐え、今後さらに守成への精進を、師弟一体となって進めていくことを念じている。
創業・守成はひとり国を守る金科玉条としてのみならず、ひろく人生の規範にあてはまる言葉であり、これは本校の校訓「自発徹底」にも通ずるものである。

よって、ここに新校名を「創成館」とする。


校名「創成館」の由来

学校案内

ここからフッターナビゲーションです