ページ内を移動するリンクです

創成館高等学校 生徒の将来を真剣に考える学校です。

長崎県諫早市貝津町621番地 TEL:(0957)25-1225 FAX:(0957)25-1228 Mail:info@sohseikan.ac.jp

  • テキストサイズ
  • 標準
  • 大きく
創成館高等学校サイト内検索フォーム

学校案内

ここからメインコンテンツです

ニュース NEWS

第141回九州地区高等学校野球大会(秋季大会) 結果速報


画像2
     
- - - 10月30日 - - -
創成館 vs. 富島(宮崎2位)
KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎での決勝、創成館が7-4で競り勝ち、春秋通じて大会“初”優勝
九州代表として、11月10日に開幕する第48回明治神宮野球大会に“初”出場します!!
  初回から火を噴いた創成館打線、2本のヒットにつづき4番・杉原の2点2塁打で先制すると、5番・深見の
  2試合連発となるバックスクリーン右に飛び込む2ランホームランなどこの回打者9人を送る猛攻で5点を
  挙げ、試合の主導権を握る。その裏1点を返されると、2回には2アウト満塁のピンチで富島のキャプテン
  に走者一掃の2ベースを打たれ、5-4と1点差に詰め寄られる。終盤の8回表、先頭の深見が四球で出塁
  すると、代走・松浪がチーム1の俊足を飛ばし犠打と盗塁で3塁へ、1アウト1・3塁のチャンスに8番・德吉
  のスクイズでリードを広げ、相手守備の乱れからさらに1点を追加、この回貴重な2点を加えて突き放した。
  最終回、1打出れば同点の場面を作られるが、最後のバッターをセンターフライに打ちとりゲームセット。
  投げては近藤-伊藤-川原の投手リレーで、また大会通して無失策の堅い守りで、3回以降は富島に追加点
  を与えず、長崎県勢としては18季(9年)ぶりの優勝を果たした。

  [監督コメント] 選手たちは新たな伝統をつくろうと言っていた。九州制覇できてよかった。。
  [選手コメント] 全国で勝てるチームに。守備からリズムに乗って1つでも多く勝ちたい(主将・峯)。
         4番にいる以上、大事な場面で巡ってくる。外野に飛んでくれて良かった(杉原)。
         (スクイズは今大会3回目)練習してきた打点の挙げ方を発揮できてよかった(德吉)。


画像2
     
画像2 画像2 画像2

画像2 画像2 画像2

ボーダー

- - - 10月27日 - - -
創成館 vs. 延岡学園(宮崎1位)
KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎での準決勝、創成館が2-0で勝利、秋季大会“初”の決勝進出
10月29日(予定)の決勝は創成館 vs. 富島(宮崎2位)、もちろん優勝を狙います!!
  2回裏創成館の攻撃、先頭打者は九州大会初スタメンの5番・深見(1年)、ライトスタンドにソロホーム
  ランを放ちまず1点先制。さらに7回裏、1アウト1・3塁のチャンス、2番・藤がセーフティースクイズを
  決め3塁・平松が生還しこの回貴重な追加点を挙げた。投げてはエース川原がコースをつく丁寧な投球で
  11奪三振の力投、6回以降は1本もヒットを許さず、延岡学園の強力打線を単発3安打で抑え完封した。

  [監督コメント] ここまで来たら勝つしかない。
  [選手コメント] 5点は覚悟していた、最後まで疲れもなく思い切り投げられた(川原)。
         配球していて楽しかった(捕手・平松)。自分の一発で先制できてよかった(深見)。


画像2
     
画像2 画像2 画像2 画像2 画像2 画像2

画像2 画像2 画像2 画像2 画像2 画像2

ボーダー

- - - 10月25日 - - -
創成館 vs. 沖縄尚学(沖縄1位)
KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎での準々決勝、創成館が8-3で勝利、ベスト4
10月27日の準決勝[創成館 vs. 延岡学園(宮崎1位)]に駒を進めました!!
  沖縄商学に1点先行されて迎えた6回裏、創成館は2番・藤、3番・峯の連続ヒットでノーアウト
  1・3塁のチャンスに4番・杉原がフルカウントからレフト前に弾き返しまず同点。このあとも
  5番・松浪のショートゴロの間に3塁ランナーがかえり、さらに8番・德吉のスクイズでこの回
  一気に3点を奪い逆転。1点を返された7回裏、2アウト満塁のチャンスに6番・松山、8番・德吉が
  続き、この回4点の大量得点で7-2と試合を決定づけ、さら8回にも5番・松浪のライト前タイム
  リーでダメ押しの1点を追加。最終回に沖縄商学に粘られ1点返されるも、最後はエース川原が三振
  に取りゲームセット。14安打と打線に火がついた創成館が沖縄第1代表・強豪の沖縄尚学を圧倒した。

  [監督コメント] この次が大事な試合。まだ通過点という気持ちで、優勝を目指していく。

画像2
     
画像2 画像2 画像2 画像2 画像2 画像2

画像2 画像2 画像2 画像2 画像2 画像2


同じく長崎代表・長崎商 vs. 富島(宮崎2位)
同スタジアムでの準々決勝、長崎商は2-9で悔しい7回コールド負け。
ボーダー

- - - 10月24日 - - -
創成館 vs. 都城東(宮崎4位)
SOKKENスタジアム(宮崎市)で行われた2回戦、創成館が8-1で7回コールド勝ち
  2回裏、創成館はノーアウト満塁のチャンスで7番・川原がセンター前に弾き返し1点を先制。
  このあとも連続タイムリーやスクイズなどでこの回一挙に4点をあげリードを広げる。
  3回表に都城東に1点を返されるも、その裏、1アウト3塁の場面で5番・松浪がレフト前に
  タイムリーを放ち突き放す。このあとも強力打線が爆発して5回と6回にも追加点をあげた。


画像2 画像2 画像2 画像2 画像2 画像2

画像2 画像2 画像2 画像2 画像2 画像2

画像2
     

同じく長崎代表・長崎商 vs. 佐賀学園(佐賀1位)
KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎での2回戦、長崎商が5-0で勝利

揃ってベスト8
センバツ大会出場を懸け、10月25日の準々決勝[創成館 vs. 沖縄尚学(沖縄1位)、
長崎商 vs. 富島(宮崎2位)]を戦います!!

ボーダー

NEWS

ここからフッターナビゲーションです