ページ内を移動するリンクです

創成館高等学校 生徒の将来を真剣に考える学校です。

長崎県諫早市貝津町621番地 TEL:(0957)25-1225 FAX:(0957)25-1228 Mail:info@sohseikan.ac.jp

  • テキストサイズ
  • 標準
  • 大きく
創成館高等学校サイト内検索フォーム

学校案内

ここからメインコンテンツです

ニュース NEWS

第48回明治神宮野球大会 結果速報


- - - 11月14日 - - -
創成館 vs. 明徳義塾(四国地区代表)
創成館が0-4で惜敗しましたが、堂々の準優勝!!!
応援ありがとうございました。

画像2
     
画像201画像203画像205

画像202画像204画像206

ボーダー

- - - 11月13日 - - -
創成館 vs. 大阪桐蔭(近畿地区代表)
創成館が7-4でV候補を破り決勝戦へ!翌14日、明徳義塾(四国地区代表)と対戦します!!
  1点を追う創成館は3回表、先頭の7番・德吉のセンター前ヒットなど計4安打の集中打に加え、四球と
  相手エラーにも乗じて4点を奪い逆転した。1点差に追い上げられた5回は、3番・峯のレフト線二塁打
  から3連打で1点を追加。さらに2アウトから8番・平松のライト前タイムリーで6点目。9回にも1点を
  加え、この日も七表・川原・伊藤の3投手継投で逃げ切った。
  九州地区代表の決勝進出は第44回大会(2013年)で優勝した沖縄尚学以来、4年ぶり。

  [監督コメント] いつやられるか、覚悟していた。最後まで投手陣が粘ってくれた。九州大会で初優勝して
         いい流れのまま来ていると思う。一戦一戦、成長するというのはこういうことなのかな。
  [選手コメント] 試合をするだけでもうれしかった。まさか勝てるとは(川原)。
         今まで対戦した中で一番強くて、投手のレベルも全然違っていた。でも、とても楽しかった。
         全国制覇まであと1歩のところまで来られてうれしい。夢のよう(主将・峯)


画像201画像202画像203画像204画像205画像206

画像207画像208画像209画像210画像211画像212

画像213画像214画像215画像216画像217画像218

画像2

ボーダー

- - - 11月12日 - - -
創成館 vs. 聖光学院(東北地区代表)
創成館が6-4で勝利しベスト4!翌13日の vs. 強豪校・大阪桐蔭(近畿地区代表)戦に挑みます!!
  初回表、相手二塁手のエラーや投手の暴投、四球でチャンスを広げたツーアウト1・3塁、5番・松浪
  の右中間を破る2点三塁打で先制。さらに6番・松山がレフト前タイムリーで続いて3点目を奪った。
  2回も四球で出塁した1番・野口が3番・峯の内野ゴロの間に3塁から生還し1点を追加。1点差に追い
  上げられた3回は、デッドボールおよびセンターヒットで出塁した松山と2番・平松を、9番・德吉の
  セーフティスクイズと野口の内野ゴロで返し2点を加えて突き放した。粘る聖光に4回に1点を追加
  されるも、川原・戸田・伊藤の2年投手3人の継投リレーで逃げ切った。

  [監督コメント] 初回(の3点先制)が大きかった。何とか大阪桐蔭に食らいつき、勝ちたい。
  [選手コメント] (大会初先発起用に応え)結果が出て良かった。これからもがむしゃらに頑張りたい(松浪)。


画像201画像202画像203画像204画像205画像206

画像207画像208画像209画像210画像211画像212

画像213画像214画像215画像216画像217画像218

画像2

ボーダー

- - - 11月10日 - - -
創成館 vs. おかやま山陽(中国地区代表)
創成館が5-1で勝利、11月12日の vs. 聖光学院(東北地区代表)戦に駒を進めました!!
  初回裏、創成館は先頭打者・野口がレフト前ヒットで出塁し[01]、2番・藤の3塁打[02]と4番・杉原
  のレフトへの犠牲フライで2点を先制[03,04]。4回表、おかやま山陽の4番にタイムリーを許し1点を
  返されるも、その裏、6番・松山がヒットで出塁し[05](代走・眞﨑)、7番・川原のタイムリー[06]で
  眞﨑が生還し1点追加[07]。8回にも内野ゴロの間に1点[08,09]、さらに7回途中から救援でマウンド
  に上がった伊藤のタイムリー[10]でダメ押しの1点を追加。
  小刻みに得点を重ねた創成館が中国地区代表・おかやま山陽に勝利した(同大会県勢初勝利!)。

  [監督コメント] 先のことは考えず、次の試合に集中する。
  [選手コメント] (上投げとサイドの二刀流)どちらで投げるか捕手のサインもある。両方磨きたい(伊藤)。
         長崎の歴史を変えられて嬉しい。春につながる大会にしないといけない(主将・峯)。


画像201画像202画像203画像204画像205画像206

画像207画像208画像209画像210画像211画像212

画像213画像214画像215画像216画像217

長崎から駆け付けてくれた卒業生[16]、そして一昨年夏甲子園メンバーOB[17]、応援ありがとうございました。

画像2

ボーダー

NEWS

ここからフッターナビゲーションです