熟語の完成

次の語句の□に入れるのに、もっとも適当なものを一つ選びなさい。